法人向けカーリースについて

法人向けカーリースについて

業務で自動車が複数台必要な会社では、車にかかる費用はかなりの額になります。はじめに数台購入するだけでも、相当な額の初期投資になってしまいます。今では、購入するよりも断然お得なカーリースが一般的になっていますので、リースで車を用意する会社が増えています。法人車両においての、カーリースのメリットをいくつか確認してみましょう。

 

まずリースにすると、管理がとてもしやすくなるという点が挙げられます。車両に関する管理業務が大幅に削減されますので、会社は他の業務に人を回すことができ、効率的に業務に取り組めます。ある調査によると、法人が自社で使う自動車をリース化することによって、購入していた時よりも、車両管理工数が約3分の1に削減できたということです。

 

また、車両の安全性を維持することが容易になるのも、大きなメリットといえます。リースの場合だと、多くの場合フルメンテナンスになるので、車両の保守サービスはリース会社が全面的に引き受けることになります。車検や自動車税など、安全性を保つために何かとお金がかかる社用車ですが、リース会社にすべて任せることによって、自社では何もせずに安全管理をすることができます。

 

また、経費の削減にもリースは役立ちます。リース料金は経費として損金処理ができるからです。毎月のリース料を損金処理できると、効果的な節税が見込めます。また、リース料金は毎月一定ですので、計算しやすく、経理関係の業務が驚くほど便利になります。

 

 


トップページ おすすめ「カーリース」 最安値 メリット・デメリット 料金はどれくらい? 法人向け